法律相談できる場所ってどこ?

民間団体の場合には問題によっては専門外とされ、取り扱ってくれない場合もあります。何の問題であるかをはっきりさせてから相談しましょう。また、相談時間についても短時間で終わってしまうことも多いようです。論点をまとめてから相談するとよいかも知れません。

民間団体以外に各都道府県が設置している法律相談所もあります。法律相談所を設置している都道府県は43団体の約91%です。市町村や弁護士団体と連携しているところもあるようです。また、法テラス(日本司法支援センター)と呼ばれる国が設置した法律相談所もあります。私たち一般の人にとって、法的紛争には財力も知識も足りません。そういった人向けに弁護士・司法書士費用の立て替えや、犯罪被害者支援業務、刑事民事に関わらず法的情報提供業務などを行っている機関です。30分間と短い時間ですが、民事刑事なのか、どの専門分野の弁護士を利用すればよいかが分からない場合に利用してみると良いかもしれませんね。3回目の相談までは無料です。収入が一定以下であること、勝訴の見込みがあること、権利の濫用ではない事が主な利用条件になります。多重債務問題(後のページで解説します)は法テラスと相性が良く、さらに生活保護を受けている状態ならば費用が免除されるのでお勧めです。